お知らせ・更新情報|宮下製氷冷藏株式会社

top_sp.gif

HOME > お知らせ・更新情報 > 2022

お知らせ・更新情報

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2022.08.08]  

n220808.jpg

飯田りんごん直前の中止でもって不動滝
 2022年8月6日(土曜日)に予定されていた飯田りんごん(信州飯田の夏祭り)と日本最大と言われるいいだ人形劇フェスタ2022がコロナにより直前に中止が決まりました。残念です。当社スタッフも同日開催で一年に一日だけ生シロップのかき氷を飯田の地元の皆様に目の前で作って食べていただく機会を失ってしまいました。楽しみにしておられた皆様申し訳ありません。来年こそはお会いしましょう。
 でもって、8/6は取材の矛先を変えて中央アルプスの前衛の山、大島山の山懐にある「不動滝」(下伊那郡高森町)を何十年ぶりに訪ねてつかの間の涼を感じてまいりました。信州飯田の市街地からわずか30分弱ですが標高は1,096m。緑の日陰ををくぐってきた冷涼で湿り気を含んだ空気と大島川の沢の流れの音は臨場感ある別天地です。滝の落差は50mとなかなかのスケールです。
 ここへ向かう林道を見て気が付きました。両脇の下草がきれいに刈られており車を走らせてもとても気持ちがいいのです。この一帯は恐らく財産区とか保安林とか呼ばれる膨大なスケールの山林の一角です。こうした手入れをするというのは地球に直接注射針を刺すような些細な行動かもしれませんが高温多湿な日本において里山の手入れは長い目で見るととても重要なことです。頭が下がる思いです。最初の一台目だった私の後に何台か車が上がってきました。別天地をちゃんと知っているのですね。

〈左・右〉不動滝(下伊那郡高森町牛牧) 撮影日 2022.8.6

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2022.06.15]  

n22061511.jpg

信州飯田の淡い緑
 アルプスの残雪も僅か谷筋だけとなっていよいよ新緑の季節となりました。飯田市のシンボル風越山は淡い緑に覆われます。濃い 緑と混在すると余計に淡さが引き立つようです。天竜川左岸から当社「アイス信州飯田工場」越しの遠望でも新緑の淡さがよく見て取れます。
 環境省百名水の猿庫の泉はこの風越山の山懐にあります。紅葉の猿庫もいいですが新緑はまた格別です。茶の湯に向いたと言われる所以は軟水つまり溶け出したものが少ない水に特徴があります。溶け出したものが多いつまり硬水である大陸の大河とは対極の水の性格です。この軟水文化がお茶や出汁や日本人の味覚のベースとなっています。
 今でも岡崎に現存する宗徧流の不蔵庵龍渓(1842没)宗匠がお茶に向いた水を求めてここに辿り着いたとされています。pH計などあり得ない時代に舌ひとつでいい水を探り当て、それが今日の科学でも裏付けられるという。そんな江戸時代のお話を現代のお父さんが子供に聞かせるというスタイルで昭和20年代の国語の国定教科書に「いずみを求めて」というタイトルで取り上げられ、この猿庫の泉が全国に知られることとなったようです。
 一帯は砂地の山。如何にもすっと真っ直ぐな檜が育ちそうな山肌です。その水はまろやかで清々しさが少し湿り気を帯びた澄んだ空気とともに鼻を抜けてゆきます。春から秋口まで週末は猿庫保存会の皆様による野点も行われています。どうぞお訪ね下さい。

〈左〉飯田市下久堅知久平から当社工場(左下)越しに風越山(標高1,535m)を望む 撮影日 2022.5.3
〈右〉飯田市 風越山山麓 猿庫の泉 撮影日 2022.6.14

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2022.04.25]  

n22042311.jpg

七年ぶりの飯田お練り祭り&桜
 七年に一回開催される信州飯田のお練り祭り。今年は3月25日(金)より三日間。今年は諏訪の御柱(日本三大奇祭)飯田のお練りとコロナで1年遅れの善光寺のご開帳とが同じ年に開催されることとなり信州の今年の春の賑わいは特別なものとなっています。今回のお練り祭りは三十六ものこの地域の伝統芸能の晴れ舞台は見応えがあります。
 とりわけの華は大名行列と東野の大獅子でしょうか。獅子頭だけでも30キログラムもあり役を担う人(頭)は20名編成で数十秒で交代してゆきます。この大獅子を3日間やるためにはお囃子を含めて総勢230名もの人材を擁します。練習に明け暮れて迎える本番への気合いの入り方はただならぬものを感じます。
 当社の天然氷時代の氷造りの発祥の地、飯田市北方(旧伊賀良村)にも立派な獅子舞があります。今回も所望に応えて当社本社前で舞をご披露下さいました。ありがとうございました。
 七年という時には重みがあります。七年前はどんなだったろう。七年後はどんな自分やどんな時代になっているだろう。七年後にはリニア中央新幹線が開通してますよね!という気の早い話も出てくるそんなお練り祭りでした。
 ゆっくりお花見もままならぬこの春、美しい一本桜に出会えました。増泉寺(飯田市大瀬木)の垂れ桜です。中庭の中央に鎮座するシーメントリーで静的な美しさ、それに風が加わるとしなやかで動的な味わいもあります。

〈左〉信州飯田 中心市街地 通り町 当社本社近くにて お練りの華のひとつ 東野大獅子 撮影日 2022.3.26
〈右〉増泉寺の垂れ桜 飯田市大瀬木(中心市街地から10分) 撮影日 2022.4.3

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2022.03.14]  

n2203141.jpg

南アルプスの三千メートル峰九座
南アルプスには九座の三千メートル峰があります。北は仙丈ガ岳に始まり南は日本の三千メートルの最南端の聖岳で終わる九座です。信州飯田からはちょっと小高いところに上がればすべて見えます。二月下旬まで寒さが全く緩まず峰々の白さが引き立つ今年の冬です。
 当社では現在地下水の環境や構造を専門家にお願いをして再調査を進めています。この伊那谷中央部の地下250メートルという深層へと辿り着いた私たちが使わせていただいている天然水は一体どのような地球の営みから生まれてくるのか。調査によると今から300年ほど前にこの伊那谷(中央アルプス系)に降った雪や雨がそんな長い年月をかけて深い深い地下に蓄えられた水だそうです。全国有数の花崗岩の基盤の上に水を蓄える層(帯水層)と鉄板のように水を通しにくい層(不透水層)とが何層かに重なり豊かな水を蓄えているようです。誰も行ってみたことのない地球内部の種明かしの進展にわくわくするものがあります。
 42年前に二年間に渡る水選びからこの地下水にたどり着く段階でおよその見当はついておりましたが今日の科学のお陰でより推測の精度があがり、まずもって貴重克つ氷作りの適性度も高い水との出会いにリアル感が増し、改めて感謝の気持ちもひとしおです。我々人類が望んでも自らは作れない大地の贈り物それが水であり土なのだとつくづく思います。

〈左〉飯田市久米(中心市街地から15分)久米ヶ城城址公園  海抜722m 展望台から 南アルプスを望む 
中央は天竜川 写真の左が上流(諏訪湖方面)撮影日 2022.2.26

〈右〉同久米ヶ城城址公園  展望台から 南アルプスを南部 赤石岳 聖岳を望む 
赤い橋付近は時又の街(天竜船下りの港)撮影日 2022.2.26

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2022.02.02]  

new220211.jpg

天然氷時代の氷屋
 弊社は明治33年、西暦に直すと分かりやすいのですが1900年に長野県飯田市の西の山麓(旧伊賀良村)に天然氷の氷屋として創業し、中心市街地(現在の通り町営業所)に販売拠点をもって始まりました。
 氷屋は夏の需要ピークのブレが年毎に大きく悩ましいものがあります。冬造って氷室に蓄えて夏に売るという天然氷から電気と冷凍機で作る氷(当時はそれを人造氷と呼んだそうです不思議な響きの言葉です)に切り替えたのは昭和33年のことでした。
 天然氷時代は冬に蓄えた量しか次の夏に売る氷がないわけです。猛暑の夏にはどうやって対応したのだろうと想像します。当時の二つの氷室(氷倉)の在庫がなくなりそうな猛暑の夏は氷を持っている氷屋さんから分けてもらうしかなく長野県では最も標高の高い立地の富士見町の同業に分けていただいた夏もあると先代から聞きました。(輸送手段は貨車)猛暑の夏はさぞ儲かったのかというと仕入氷はどうしても高くつき売上げに比例する利益は出ない、時には逆ざやもあったそうな。
 一年の天候や吉凶を占う諏訪湖の御神渡り(おみわたり)は湖の全面結氷から湖面の氷 が膨張でせり上がる自然現象です。550年前の室町時代から一年も欠かすことなく記録をとり続けられてきた学術的にも価値ある記録だそうです。1990年以降は31年間で出現は僅か9回。温暖化の影響と思われます。
 今年の冬、暮れから低温傾向が緩むことなく続いており御神渡りの出現が期待されます。ここ2年続いた超暖冬の後の夏は不順でした。今回の冬らしい冬のあとはどんな夏となりますでしょうか?

長野県下伊那郡松川町 池ノ平湖の結氷(飯田市中心市街地から25分)背景は中央アルプス南部
海抜802m 撮影日 2022.1.9(氷屋さんの氷とは無関係です)

最新ギャラリーページはこちら


|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|